ADMIN TITLE LIST
Selected category
All entries of this category were displayed below.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アレス君のパパのみつしさんから、バトンターーーーーッッッチ!!!



バトンを受け取りました~

さてさて、行ってみましょう~☆



Q1: 無条件にときめく人の条件3つ

○舘 ひろし
○バカになれる人
○頭のいい人(勉強じゃなくて)


Q2: 無条件に嫌いな人の条件3つ

○自分中心な人
○何にもしない人
○可愛くない人(性格が)


Q3 無条件に好きな物3つ

○モカ
○何にもしなくていい時間
○x-file


Q4 無条件に嫌いな物3つ

○虫
○ネバネバ
○慌しい時間


Q5 バトンを回す人5人

・・・・タッチミス!!!!



う~ん。。3つって難しいなぁ~

1番なんとかってのは分かりやすいし、5つとかは選びやすい

3つって、順位を付けないといけないから、自分の事よく考えられていいですね

あっついですね~・・・


今日はちょっと、お勉強。

もう皆さん、知ってるかもしれないけど、、


私はぼや~~っとしか、覚えてなかったので、1度まとめておきましょう





「熱中症」熱射病?についてです

熱い車内にほっておいたりしないし、(10分くらいは・・・・殴
お留守番も1番涼しくて、風の通る部屋


でも、何があるか分からない!
自分の愛犬でなくても、何かの役に立つかも分からない!

って事で!


まず症状

熱射病とは体温が41℃以上になってしまい、体の機能が正常に維持できなくなる病気です。
初期症状としては、激しくあえぐような呼吸をして、大量のよだれが出ます。
そのまま放置すると、嘔吐や下痢(時に血液混じり)、けいれんを起こすことがあります。
体温(直腸体温)は40℃を超え、脈拍が速くなったり、耳の内側や口の中の粘膜の赤味が強くなります。
重症になると、チアノーゼを起こして舌や口粘膜が青紫になることもあります
徐々に脈拍が弱くなり、呼吸不全を起こしたり、意識が薄れるなどのショック症状を引き起こし、死に至ります。


熱中症になりやすい子がいます。

○短頭種
 パグ、シーズー、狆、ペキニーズ、ボクサーなど。
 短頭種は特異的な骨格の影響もあり呼吸器系が非常に弱く、簡単に呼吸不全を起こしてしまいます。

○大型犬、長毛犬
 グレートピレネーズ、オールドイングリッシュシープドッグ、シベリアンハスキー、セントバーナードなど。
 大型犬の多くは寒さには非常に強いですが、暑さに弱く日本の風土には適していない犬種があり熱射病を起こしてしまうことがあります。

○太った犬
 皮下脂肪が熱を放散させないため体温の増加を招いたり、脂肪組織が胸や肺、気管を圧迫し呼吸器に負担をかけます。

○毛色が黒い犬
 黒は効率よく熱を吸収します。

○老犬・子犬・病後などの犬
 体力が落ちている場合があります。


また、遊ぶことを自分で抑制できないワンちゃんの場合、
過度な運動で急激な体温の上昇を起こし熱射病になることもあるようです。

ある程度のところで飼い主が止めたり、休憩させたりする事が大切ですね。


そして、熱中症のワンちゃんが目の前にいる場合、応急処置をしなくてはなりません。

犬を日が当たらず風通しの良い、涼しい場所に移す。
そして、犬の体に水をかけたり、濡らしたタオルを体にかけたりして、とにかく体温を下げることに努めます。
特に脇の下や内股、首周りを重点的に冷やします。

大動脈や大静脈を集中的に冷やすことで、大量の血液を効率良く冷やし、体温を下げやすくなります。
また、脳に血液を送る頚動脈を冷やすことで、高体温による脳へのダメージを少しでも減らす効果があります。
しかし、急激に氷水などの冷やした水につけるのはNGだそうです。

体温の高い状態が長く続くほど命の危険が高くなり、後遺症の残る可能性も高くなります。

体を冷やしながら、呼吸をしやすいようにヨダレを拭きます。

意識があって水を欲しがるようなら、すぐに新鮮な水を飲ませます。
塩分が減少しています。そのため食塩を少し加えた冷水を飲ませます。緊急時の場合には人間用のスポーツドリンクでも代用できます。

意識が無い場合には、舌が喉を塞いでしまわないよう、顔を横に向け、必要ならば舌を外に引っ張り出します。

ショック症状を起こして呼吸や脈拍が止まってしまった場合には、人工呼吸や心臓マッサージなどの手当てをする必要があります。
↓に心肺蘇生のやり方が書いてあります。が、胸の深いボルゾイに心マが出来るのか謎です。
http://www.rescue-pet.com/trouble_dog.html
応急処置を行うと同時に、獣医師にも連絡して、必要に応じて適切な指示を受けます。

初期の症状で食い止め、ワンちゃんが元気を取り戻したとしても、
高い熱のせいで、内臓などにダメージを受けていることがあります。
必ず獣医さんに見てもらいましょう。


ここで、もう1つ

「呼吸困難」について

呼吸困難の症状は日射病によく似ています。
ハアハアと苦しそうに呼吸するのはどちらにも共通の症状です。
しかし、舌の色が悪い時は呼吸困難が考えられます。もともと心疾患があるイヌに多い病気です。

呼吸困難の場合、対応が全く変わります。

けっして仰向けにしないように、犬座姿勢(4つ脚でおすわりの姿勢)のまま、そっと病院へ運びます。
運ぶ時にはケージや毛布の担架を利用しましょう。

胸を圧迫してはいけません。
抱き抱える場合も胸部を圧迫しないように気を付けます。
万一、呼吸や心臓が停止した場合は、人工呼吸や心臓マッサージをしながら病院へ運ぶことになります。
ひとりでは大変なので、一緒にだれか来てもらうと安心です。


と、まとめてみました(^^

ネット上で集めた物ですが、ほとんどの所に共通して書かれていたので、間違いはないと思います。


(参考)ってかコピペ
http://www.kcj.gr.jp/advice/advice/vol8.html
http://www.wahpes.co.jp/tora/0001.html
http://www5f.biglobe.ne.jp/~nyk/nettyusyo1.html
http://www.geocities.co.jp/AnimalPark-Tama/1427/health/kiji/10_1.htm
http://www.akai-inugoya.com/030/post_73.html
http://www.ookinaki.com/pet/dogoq.html




これで安心です
IMG_0882ddd.jpg


先日の高知遠征で、ご一緒させていただいた、
Chieさんのお家の デューク君とジルちゃんの間に

8頭のとっっっても可愛いベビーが誕生しました!!!

そこで、オーナー様を募集しています☆
コボルの様子や価格など詳しいことは、お問い合わせ下さい
詳しくはChieさんのHPまで!
   ↑↑↑↑クリック↑↑↑↑
070620_1545~01.jpg


感動した!!!!


今すぐ、犬咬み家の一族を見るべし!!!!



いや~、すんばらしい!!!!


絶対、実物見に行くぞ!!!!ムキーーーー!!!!!







さてさて、今日は趣向を変えて・・・

あたしが思うことなんかを書いてみよう。



今回は「寿命」について。

っつっても、モヤモヤ~っと頭を廻るものであって、
矛盾も大いにあるし、確固たる見解とかそういうわけではないので、
モヤモヤ~っと流しておください。




命・・・それは=死を連想させます。
全生物に等しく与えられているもの、それは「死」です。

しかし、「死」があるからこそ、生きる意味、目的、成果を見出されるんだと思います。

「死ぬこと」とっても、恐ろしい事です。
大切な人を失う事、とても耐え難い事です。

しかし、受け入れなくてはならない事です。
でもやっぱり、永遠に来て欲しくない時です。


「ヒト」は、動物として生きていた頃から、「命」の方向を変えてきました。
ただ、毎日を生き抜いて行く事から、病気を治療し、予防し、寿命?余命を延ばす事に成功しました。


しかし、老化を止められるわけではありません。
死の原因となり得るもの、例えば病気、事故、、全てを取り除けたとしても、

「ヒト」の命は120歳が限界なんだそうです。

それ以上は、無理なんです。
これって何でしょう? 細胞の疲労でしょうか??
「死」が訪れる瞬間、あるくっついている3つの遺伝子が、パッと離れるんだそうです。

結局は、最後は自らの遺伝子が自分を終わらせるんでしょうか?


って、こんな事が言いたかったんじゃありません。


生き物の「寿命」は、人間を除けば、だいたい体の大きさに比例します。

例えば、ハツカネズミより、鳥、
鳥より、象
象よりクジラ が長いわけです。

この中に虫とか魚がどう入ってくるかは、知りません。
また、人間の様に命をまっとうすれば、どう変わってくるかも知りません。



しかし、私たちの愛犬はどうでしょう?
小型犬の方が、大型犬に比べ、「寿命」が長いのです。

これは一体??


某Gパパさんから、興味深い話を聞きました。(勝手に書いて、すみません。。

1つの説という所に留めておいて欲しいんですが、

大型犬も小型犬も細胞の数が一緒なんじゃないのか?という説です。
だとしたら、納得がいきます。

同じ細胞数で生きていくとしたら、大型犬のほうが不利なのは明らかです。



「ヒト」では、体が大きいからといって、寿命が短いなんで事はありません。
それは細胞数が体重に比例するからです。
50㌔の人は50兆個、70㌔の人は70兆個の細胞からなっています。
すなわち、生命維持に必要な細胞数はそれぞれきちんと確保されているんだと思います。




しかし、「イヌ」はどうしてこんな事になったんでしょう?
私は、やっぱり「ヒト」の罪だと思います。

「イヌ」が自ら自然に合うように、進化してきたわけでなく、
「ヒト」が都合がいいように、改良を進めてきた結果だと思うんです。

まだこれは思ってるだけです。古来種などについて考えると、どうしても矛盾が出てきます。

少なからず、「ヒト」の行いの影響はあるんじゃないかと思います。



結局、思うことは、愛犬を大事にしようという事です。

どうしても、私より早く逝ってしまうモカ。
色んな思い出、体験を残したいと思います。
大事にしたいと思います。
大好きです。



皆さん、ひいてないよね!!?笑

悶々と妙なこと考えたりしてしまいます。
暗いですね(笑






どうでも、いいです
IMG_1661qqq.jpg

はいはい。



次回は、いつになるか分かりませんが、「睡眠」についてです(コラ

今日は私的にとっても好きな写真が撮れたので、載せてみます




本日5時ごろ
DSCN7238yyy.jpg








DSCN7240rrr.jpg








走ってる車から撮るのって結構難しいのよ







9/28

DSCN6969zz.jpg





DSCN6966ttt.jpg





あんなじ日、おんなじ所から撮った写真ですが、どちらが朝焼けでどちらが夕焼けか分かりますか??















正解は・・・・・





①が夕焼け

②が朝焼け





朝焼け見てると、変な錯覚に陥ります


Prev | HOME | Next

Design by mi104c.
Copyright © 2017 モカ 日記, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。