ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あっついですね~・・・


今日はちょっと、お勉強。

もう皆さん、知ってるかもしれないけど、、


私はぼや~~っとしか、覚えてなかったので、1度まとめておきましょう





「熱中症」熱射病?についてです

熱い車内にほっておいたりしないし、(10分くらいは・・・・殴
お留守番も1番涼しくて、風の通る部屋


でも、何があるか分からない!
自分の愛犬でなくても、何かの役に立つかも分からない!

って事で!


まず症状

熱射病とは体温が41℃以上になってしまい、体の機能が正常に維持できなくなる病気です。
初期症状としては、激しくあえぐような呼吸をして、大量のよだれが出ます。
そのまま放置すると、嘔吐や下痢(時に血液混じり)、けいれんを起こすことがあります。
体温(直腸体温)は40℃を超え、脈拍が速くなったり、耳の内側や口の中の粘膜の赤味が強くなります。
重症になると、チアノーゼを起こして舌や口粘膜が青紫になることもあります
徐々に脈拍が弱くなり、呼吸不全を起こしたり、意識が薄れるなどのショック症状を引き起こし、死に至ります。


熱中症になりやすい子がいます。

○短頭種
 パグ、シーズー、狆、ペキニーズ、ボクサーなど。
 短頭種は特異的な骨格の影響もあり呼吸器系が非常に弱く、簡単に呼吸不全を起こしてしまいます。

○大型犬、長毛犬
 グレートピレネーズ、オールドイングリッシュシープドッグ、シベリアンハスキー、セントバーナードなど。
 大型犬の多くは寒さには非常に強いですが、暑さに弱く日本の風土には適していない犬種があり熱射病を起こしてしまうことがあります。

○太った犬
 皮下脂肪が熱を放散させないため体温の増加を招いたり、脂肪組織が胸や肺、気管を圧迫し呼吸器に負担をかけます。

○毛色が黒い犬
 黒は効率よく熱を吸収します。

○老犬・子犬・病後などの犬
 体力が落ちている場合があります。


また、遊ぶことを自分で抑制できないワンちゃんの場合、
過度な運動で急激な体温の上昇を起こし熱射病になることもあるようです。

ある程度のところで飼い主が止めたり、休憩させたりする事が大切ですね。


そして、熱中症のワンちゃんが目の前にいる場合、応急処置をしなくてはなりません。

犬を日が当たらず風通しの良い、涼しい場所に移す。
そして、犬の体に水をかけたり、濡らしたタオルを体にかけたりして、とにかく体温を下げることに努めます。
特に脇の下や内股、首周りを重点的に冷やします。

大動脈や大静脈を集中的に冷やすことで、大量の血液を効率良く冷やし、体温を下げやすくなります。
また、脳に血液を送る頚動脈を冷やすことで、高体温による脳へのダメージを少しでも減らす効果があります。
しかし、急激に氷水などの冷やした水につけるのはNGだそうです。

体温の高い状態が長く続くほど命の危険が高くなり、後遺症の残る可能性も高くなります。

体を冷やしながら、呼吸をしやすいようにヨダレを拭きます。

意識があって水を欲しがるようなら、すぐに新鮮な水を飲ませます。
塩分が減少しています。そのため食塩を少し加えた冷水を飲ませます。緊急時の場合には人間用のスポーツドリンクでも代用できます。

意識が無い場合には、舌が喉を塞いでしまわないよう、顔を横に向け、必要ならば舌を外に引っ張り出します。

ショック症状を起こして呼吸や脈拍が止まってしまった場合には、人工呼吸や心臓マッサージなどの手当てをする必要があります。
↓に心肺蘇生のやり方が書いてあります。が、胸の深いボルゾイに心マが出来るのか謎です。
http://www.rescue-pet.com/trouble_dog.html
応急処置を行うと同時に、獣医師にも連絡して、必要に応じて適切な指示を受けます。

初期の症状で食い止め、ワンちゃんが元気を取り戻したとしても、
高い熱のせいで、内臓などにダメージを受けていることがあります。
必ず獣医さんに見てもらいましょう。


ここで、もう1つ

「呼吸困難」について

呼吸困難の症状は日射病によく似ています。
ハアハアと苦しそうに呼吸するのはどちらにも共通の症状です。
しかし、舌の色が悪い時は呼吸困難が考えられます。もともと心疾患があるイヌに多い病気です。

呼吸困難の場合、対応が全く変わります。

けっして仰向けにしないように、犬座姿勢(4つ脚でおすわりの姿勢)のまま、そっと病院へ運びます。
運ぶ時にはケージや毛布の担架を利用しましょう。

胸を圧迫してはいけません。
抱き抱える場合も胸部を圧迫しないように気を付けます。
万一、呼吸や心臓が停止した場合は、人工呼吸や心臓マッサージをしながら病院へ運ぶことになります。
ひとりでは大変なので、一緒にだれか来てもらうと安心です。


と、まとめてみました(^^

ネット上で集めた物ですが、ほとんどの所に共通して書かれていたので、間違いはないと思います。


(参考)ってかコピペ
http://www.kcj.gr.jp/advice/advice/vol8.html
http://www.wahpes.co.jp/tora/0001.html
http://www5f.biglobe.ne.jp/~nyk/nettyusyo1.html
http://www.geocities.co.jp/AnimalPark-Tama/1427/health/kiji/10_1.htm
http://www.akai-inugoya.com/030/post_73.html
http://www.ookinaki.com/pet/dogoq.html




これで安心です
IMG_0882ddd.jpg


スポンサーサイト

| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2007 モカ 日記, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。